読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椎名和夫がハジロカイツブリ

看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると心身に悪影響が及ぶような場合、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。でも、重要なポイントとして、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働く看護師と比べて収入が少なくなることがほとんどです。
例え年収が下がったとしても、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。

日本は長寿化が進みいまや超高齢化社会となっています。



そんな状況下で、需要が高まる職業が医師や看護師、介護士ではないでしょうか。
いずれも、専門知識、技術を要し、簡単な仕事というわけではありません。
3種の職業人の育成について国は今よりも真剣に検討した方がいいのではないでしょうか。国外で助けを求めている人に、医療に携わる者として何かできる事がないのかという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。


海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。

海外で看護師とし働くためには、医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要になります。海外で看護師として活躍したいのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。


病院に来ると次から次に患者の人がくるので、看護師はいつも忙しい様子です。


テキパキとしていたり、大きい声で名前を言ったり、患者の方に説明したりなどと、性格がしっかりしていなければ、無理な大変な職業だと感じます。



ただし、その分、とてもやりがいがある職業だと思いました。
全国のナースの年収は平均して437万円程度です。しかし、国立、私立、県立などの公立病院に在籍している看護師は、公務員として勤めているため、年収は平均して593万円くらいになります。
公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間病院より大きく、福利厚生もしっかりしています。



准看護師として働いている場合は、看護師と比べて平均年収が70万円ほど低いです。



業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。

例えば、エッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。

これは、食事をとりに休憩してきます、ということを勤務している他の人に知ってもらうために現場でよく使われています。


そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。
この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、その影響です。


何であれよく使われ、親しまれている用語です。看護師が技術力をつけようとしたり、医療経験を積み、能力の向上をするにはいろんな道筋があります。
これまでの就業場所から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも考えられる方法の1つになります。



あるいは、最新技術、さらに幅広い知識を習得するという目的で、看護関連資格を取得するのも成長できる方法でしょう。ほんの少し前までは看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近頃では男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。看護職においては、患者の移動の際や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性看護師の存在は有難がられることも多いです。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、産休や育休がないので、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。どんな病院で働いている場合でも、看護師のお仕事は幅広いです。たいていは、医師の診療が滞りなく運ぶようにサポートするというのが主な業務内容ですが、その他にも、患者さんのケアやお手伝いなどがあるでしょう。

外来、入院病棟のどちらなのかによって、仕事内容は違います。外来のほうが入院病棟の方が仕事量が少ないので、とても負担が大きいでしょう。看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、結果として、求人が大変多いわけです。
せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。

もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。
少子化高齢化のために、医療職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。したがって、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。

毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。
それには労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一因だといえます。看護師の転職サイトなら、求人情報誌では見かけないような転職先をみつけられるケースもあるようです。
それ以外にも、簡単には得られないどんな職場なのかといったことまで知ることができます。転職をしてしまってから、悔しがらないために、看護師の転職サイトを試しましょう。



看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。
それらを承知の上でなお、看護師になろうと希望し、勉強に励む人が多い訳は、良くない点を打ち消せる程に意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。
仕事を探す時に、まず、考えつくのがハローワークかもしれません。

それもそのはず、ハローワークに行くと、求人情報が数多くあります。職員に気になる求人の相談をしたり、転職に役に立つことを教われるなどの利点がある反面、よい条件の求人があまりないというマイナスのことも知っておいたほうが良いでしょう。看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですが漢字で書いてみるとどちらでも書くことができます。
少し前までだと、「看護士」が男性、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。法律が変更された2001年を境に、女性にも男性にも使うことができる看護師の呼び名に一元化しました。看護師の職場といえばホスピタルという印象がだれもが思うことでしょう。



しかし、看護師の資格を有効にさせる職場は、ホスピタル以外にも色々とあります。



保健所で保健師とよく話し合って地域の住民の健康上のいろいろなケアをするのもナースの役割です。
また、福祉施設にはドクターがいつも居るところは少なく、だいたいの医療行為を看護師が行います。

看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。
たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、落ち着いて情報収集するのが安心です。すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、募集案件が多数紹介される頃まで静観することを推奨します。看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。面接担当官に悪印象だと、看護職員不足であるにもかかわらず選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。良い雇用環境と思われる仕事場は応募者数も多くなりますから、緊張感を失わず不足なく対策をたてて採用面接に向かうことが大切です。


クリーンな印象のファッションで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。
私がなぜ看護師になりたいと思ったのかというと、中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに衝撃を受けたからです。大人になって仕事に就くならああいう風になりたいというように思い続けて看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。辛くなってしまうようなことだってあるのですが、それなりに充実していると思います。
新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、「転職しよう」と決めたのです。

それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にも自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。