読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカン・ウォーター・スパニエルの倉沢

全国で働く看護師の年収は平均437万円ぐらいです。

ですが、国立、市立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員として仕事をしているため、年収は平均593万円ぐらいになります。公務員看護師は給料のアップする割合も民間病院と比べると高く、福利厚生にも恵まれています。


準看護師の場合、看護師と比べると平均年収が70万円ぐほど低いです。


看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。
ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、少し念入りに求職活動を試みれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。
幸い、ネット上を少し見てみると転職や求人を看護師に特化したサイトがかなりの数があるのです。なので、上手にそういうものも使って自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。
働いている看護師は数万人いますが、それと比べて、看護師という資格を所持していながらも、職業としていない人が50万人以上いると推測されています。
全国で四万人もの看護師が足りないとされているため、その五十万人の中の、ごく少数の人でも就職できるようになれば、この問題も、多少は解決するように思います。お年寄り社会が進み、福祉施設における看護師の需要は増加してきているのです。それに加え、大企業になるとなんと医務室に看護師さんをおいていて、健康面やメンタル面における相談についてのケアをしております。

このような時は、社員として入社するということもないとはいえないでしょう。


もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の考えられる良い側面と良くない側面を分かっておく必要があります。



まず、手術前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、看護師としての技術が学べることです。

残念なことは、担当患者が短いスパンで変わっていくため、時間をかけて確実に同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。これまでは看護師が男性の場合に限って、士という漢字を使っていました。

しかし、今は男性の看護師や女性の看護師でも、看護師という職業に従事しているならば、師という漢字を使用するようになっています。


看護師、看護士を同時に使用していると、混乱する状況が考えられるので、統一されたのだと考えられます。不安や悩みを抱えている患者から見ると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。
ですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。
具体的には、覚えておかなければいけない仕事やチェックを繰り返し、実は常に緊張状態という事もあるのです。

こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も今では珍しくありません。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。
立場は違いますが、正看護師と準看護師の仕事の内容には、そんなに大きな違いはないです。ですが、準看護師というのは、医師や看護師の指示で業務をするように、決められているため、仕事の際には、やはり、正看護師の方が上の立場ということになります。各病院で、年収規定があって、差がある事が普通のようです。看護師の年収は高額だと思われている方もいると思います。だけど、夜間業務がないとそんなに稼ぐことができなくて、トータルの年収もそれほどでも無いことがあります。それ故、独身だと夜の業務がある病院で働いて稼ぎ、既婚後、夜勤がまわってこない病院に再び勤める方も多いです。看護師とは、ものすごくハードです。
ビッグボーイ万歳っていう女の子が好き
夜勤も交代制でありますし、病院も経営難で少数のメンバーで、業務をする以外にないところも多いです。



過労によって鬱になる方もたくさんいて、辞める割合も高かったりします。


白衣の天使といったりはするけれど、実際、こんな激務をこなしているのは、まさに天使だといえます。看護師というのは、大変なことも多い職業ですが、続けやすい仕事であるというふうにも考えられています。妊娠により一回休みを取ったとしても、復職しやすい職業です。

高度な専門性が子育てが一段落してからの復帰がしやすいことにつながっていると考えられているのです。一生、就職先に困ることがないといわれる一方で、離職率の高い職種でもあるのです。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。当然、休みはきちんともらえますけれど、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。出産し、子育てを始めるとなるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。
ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためもう一度看護師として働くことを希望する人もじりじりと増えていっているようです。実際の看護師資格取得の難易度はどの程度だと思いますか?試験の合格率ですが、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。試験そのものも、専門学校や大学の講義を勉強しておけばそんなに難しい試験ではありませんので、これといって厳しい資格ということも無いようですね。



看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、最近ではインターネットを利用するのが大部分となってきました。
看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、タダの上、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を閲覧できます。
職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、様々な角度から調査することが要となりますので、仕事を変えようと思ったら先延ばしにせずクリックしてみてください。看護婦が仕事を探す際に、はじめに思い浮かぶのがハローワークかもしれません。

やはり、ハローワークでは求人情報が数多くあります。



職員に関心のある求人情報について質問できますし、転職について助言をもらえるメリットもあるのですが、良い条件の求人が少ないことも知っておきましょう。収入面において、看護師という仕事は、主に女性が担う一般の職に比べ、けっこう良い給料をもらうことができます。
人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり勤務終了でクタクタのところ更に残業をするといった看護師の場合、そうでない人たちより高めになります。
事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、これを行なう病院がかなり増えました。病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを位置づけできるよう、指標をはじめから作っていったところもあります。

月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年に一度だけということもあります。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、高いモチベーションを保てます。



以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。
そんな風に、出戻りがしやすいかどうかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。

多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。
こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。


家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、出戻り就職をする人も少なくありません。
看護師の資格試験は、1年に1度受けられます。看護師数の確保がの困難が指摘されている日本には嬉しい兆候として、最近の看護師資格試験の合格率は、9割ほどで非常に高いレベルを、確保しています。

看護師資格の試験は、一定人数のみを合格させる試験ではなく、決まった点数を取れば合格できるシステムです。


注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。一般的に、注射が好きな人は少数派でしょうが、実際に打たれるとしたら上手な看護師に打ってもらいたいと思うのが普通です。
とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。この辺りは運としか言いようがありませんね。